クレジットカード現金化の本人確認における重要性

クレジットカード現金化の本人確認における重要性

 

クレジットカード現金化を利用した事がある人は知っているかもしれませんが、クレジットカード現金化を行うには必ず本人確認が必要になります。
皆さんは思った事がありませんか?

 

現金化をする際に何故本人確認が必要なの?

 

実際クレジットカードを現金に変えるだけの作業なので、本人確認という行程を省いた場合クレジットカード現金化でかかる時間はだいぶ短縮されます。
本人確認さえなければ入金までに必要な時間はリピーターなら10分程度で終わるでしょう。

 

しかし、この本人確認という行為で更に10分、20分と時間が必要になってくる事は確かです。

 

そこで、今回は本人確認が必要な理由をご説明させていただこうと思います。

 

本人確認が必要な理由

本人確認が必要な理由

 

まずはクレジットカード現金化業者で本人確認が必要な理由をご説明いたしましょう。

 

クレジットカード現金化業者は古物営業法にのっとり営業をしている業者です。
この古物営業法とはリサイクルショップなどに適用されている法律なのですが、なぜクレジットカード現金化業者にこの『古物営業法』が適用されるのでしょうか?

 

それはクレジットカード現金化の現金化方法に関係しているのです。

 

現金化の営業方法は商品を媒体にしている

 

現金化方法の仕組みをここで一度確認してましょう。

 

クレジットカード現金化はクレジットカードで必ず商品を購入して行います。
商品買取り方式では商品を購入して購入した商品を買い取ってもらう方法で、キャッシュバック方式は業者の販売している商品を購入して、アマゾンギフト券現金化はアマゾンギフト券を購入しますね。

 

このように現金化という行為には『商品を購入する』または『商品を買取る』という行為が必要なため、古物営業法が適用されるという訳なのです。

 

古物営業法と本人確認の関係性

 

ではこの古物営業法と本人確認との関係性とは何なのでしょうか?

 

複雑な理由は全くありません。
単純に古物営業法で違法となっている為、本人確認が必要という事になっているのです。

 

もしも本人確認を怠ったら現金化どの様な罰を受けるのでしょうか?
簡単にまとめてみました。

 

  • 営業停止
  • 営業許可の取り消し
  • 6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金またはその両方

 

以上のうちのどれかもしくは全ての罰をクレジットカード現金化業者が受ける可能性があります。

 

当然現金化業者からすればとんでも無い話ですね。
その為、クレジットカード現金化業者は本人確認を怠らずにしっかり行う必要があるという訳なのです。

 

本人確認の必要ない現金化業者は存在する?

本人確認の必要ない現金化業者は存在する?

 

ここまで語った本人確認と古物営業法の話を聞いている人はそれは無い。思う方が居るかも知れません。

 

答えは、その認識で間違いはありません。

 

しかし商品によってはですが、古物営業法では1万円以下の売買には本人確認は必要ありません。
書籍・CD・DVD・BDなどのメディアディスク、ゲームソフト、オートバイ及びその部品など、入手が簡単で換金性の高い商品は盗難万引き防止の為、無条件で本人確認が必要になります。

 

もし、1万円以上の現金化で本人確認が必要ない業者がいたとしたら詐欺業者である可能性を疑いましょう。

 

その理由としては、本人確認を行わない時点で法律に違反している現金化業者です。
その後にどの様な法律違反を犯そうが関係はありません。

 

その為大胆な行動に打って出ることも充分予想する事が出来るでしょう。

 

以上の利用から、本人確認の必要ない現金化業者は利用しないように心がけましょう
甘い誘惑は不幸への近道かもしれません。

 

生活ギフトでクレジットカード現金化 | 換金率・評判を徹底分析のTOPへ戻る