換金率が下がる理由は?手数料と消費税の関係性

換金率が下がる理由とは?

 

クレジットカード現金化業者で現金化を利用した時に換金率が下がった、という経験をした事はありませんか?

 

この換金率が下がるというのは実際問題、どこの現金化業者でも起こる事で例外の現金化業者は存在していません。
なぜ現金化業者の換金率は下がってしまうのでしょうか?

 

その謎は消費税手数料が原因という事も最近では有名な話になっています。

 

ではこの手数料と消費税はそれぞれ何%差し引かれるのでしょうか?
今回はその数値を分析して見ることにしました。

 

現金化業者の手数料と換金率の数値を分析

現金化業者の手数料と換金率の数値を分析

 

適用される換金率の数値は平均的に75%前後と言われています。

 

あくまでも平均の換金率なので必ずと言うことではありません。
現金化業者によっては換金率が80%を超える業者も存在しているのは確かなのです。

 

それなのに何故換金率の低い現金化業者が存在してしまうのでしょうか?

 

では、まずはこの換金率の下がり方から確認していきたいと思います。

 

換金率から差し引かれる手数料と消費税

換金率から差し引かれる手数料と消費税

 

この換金率が下がる現象の理由は何なのか?
それが先程お話した換金率と消費税の関係性となるのです。

 

換金率が下がるのは以下のような仕組みになっています。

 

換金率-(消費税+手数料)=本当の換金率

 

ここで適用される換金率が75%だった場合

 

90%-(8%+7%)=75%

 

というようになります。
適用された換金率は90%、消費税は8%、手数料は7%という内訳になるのです。

 

消費税は国の定めた税率なので上がりも下がりもしませんが、手数料に関しては別です。
この手数料は現金化業者が決めれる数字であり、現金化業者の純粋な利益がこの手数料という事になります。

 

優良の現金化業者は手数料が低いから

優良の現金化業者は手数料が低いから?

 

つまり換金率は現金化業者のサジ加減で大きく変わる物という事がわかりますね。
簡単に言ってしまうと、現金化業者が自社の利益を下げれば下げる分だけ現金化利用者が得をするという事がわかってきました。

 

つまり手数料の低い現金化業者が換金率の高い優良の現金化業者という事になります。

 

では、低い換金率とは手数料が高いからなのでしょうか?
残念ではありますが、換金率の低い現金化業者は手数料が高いからという理由で問題はないでしょう。

 

現金化業者の換金率の多くは75%に落ち着きますが、それ以下という場合も充分に存在しています。
その為、現金化業者の換金率を調べる際にはしっかりした調査を行い確実な方法で現金化を行うようにしましょう。

 

そこで優良の現金化業者を紹介している、現金化比較サイトを2つほどご紹介させていただきたいと思います。

 

現金化業者をお探しの際にはこちらのサイトを参考にしてはいかがでしょうか?

 

優良現金化業者の比較サイトはこちら